컨텐츠 바로가기
HOME > ストーリーフィード

世代共感音楽喫茶、黒石洞(フクソクドン)「トバンネ」

By SeoulStoryMaster 2017-10-19
3205

 

Q.こんにちは、中央(チュンアン)大学前唯一の音楽喫茶だそうですね。カフェの歴史がかなり長いと聞いたんですが、カフェの紹介をお願いします。

A.1983年にオープンして以来、今まで室内インテリアを変えたことがないんです。今内部を見ると赤いレンガの壁ですが、1960~70年代初期のカフェは雰囲気がみんなこんな感じでした。

 

Q.一般のコーヒーショップにはないメニューがあるそうですが、「トバンネ」のメインメニューは何ですか?

A.パフェやコールドモカ、カフェローヤルが人気があります。マスコミで紹介されたら、その後数日間はそのメニューが人気ですね。

メニューを見るとコーヒーの種類がたくさんありますよね。ある人はこのメニューがみんな売れるのかって疑問に思う人もいますけど、人はそれぞれ好みが違うし、コーヒーマニアもいるので売れないメニューはないです。

 

Q.中央(チュンアン)大学前に唯一残っている音楽喫茶だそうですが、今でもレコードを使っているんですか?

A.トバンネをオープンした当時、中央大前はみんな音楽喫茶でした。今ではみんななくなってうちの店だけが残っています。1970~80年代はレコードでしたけど、今はクラシックCDを使っています。

 

Q.30年以上経営してこられましたから記憶に残っているエピソードも多いでしょうね。

A.よく来られるお客さんの中で、その人のお母さんもよくこの店に来られていたそうです。1983年にオープンしたので十分にあり得る話ですね。

また昔よく来ていた学生が、後に教授になって教え子たちと一緒に来るということもよくあるんです。よく来られていたある教授の方は、退任式の時に私たちも招待してくださって、その日、特別にお店を閉めて退任式に参加したことがあります。

   

ストーリーの中のスポット探し

*表示にマウスを当てると住所情報が見られます。
Top