컨텐츠 바로가기
HOME > ストーリーフィード

歩みを寄付するアプリ「ビックウォーク」

By SeoulStoryMaster 2017-10-24
2979

 

Q1 「ビックウォーク」を作った動機は何ですか?

A1. 私は視覚デザインを専攻して、いろんな分野でたくさんの経験を積んできました。その中でNGOという団体に深い関心を持つようになったんです。特に「ツリープラネット(Tree Planet)」や「勉強の神」のようにソーシャルベンチャーのような団体が自分にとても合っていると感じて、自分にできる社会貢献には何があるだろうかといろいろ考えた末に始めたサービスです。そして小さなことの連続が集まってビックウォークが生まれたと思っています。何より、このような過程が面白いし、社会に貢献できるので嬉しいです。

 

Q3. よく知られてはいないけれども、ビックウォークで勧めたい道があるとしたら?

私はソウル大公園ドゥルレ道とキム・ユジョン駅の文学村が好きです。そして汝矣島(ヨイド)漢江(ハンガン)公園と仙遊橋の近くもとても歩きやすいコースです。また、私は動物や自然とともに歩ける道が好きです。そんな道を歩いていると心配事や雑念がなくなるんです。いつの日かビックウォーク道ができたらいいですね。

   

ストーリーの中のスポット探し

*表示にマウスを当てると住所情報が見られます。
Top