컨텐츠 바로가기
HOME > ストーリーフィード

ソウルの都心を散策、ソウルの宣陵(ソンヌン)と靖陵(ジョンヌン)林道

By SeoulStoryMaster 2019-07-24
222

都心神秘的空間



ソウルの都心江南のどん中にかに思いを巡らすのにかっこうの林道があります。ユネスコ世界遺産に登された朝鮮王陵が位置する王陵の林道です。韓国の統文化を盛りんだ独特な建築式と美しい自然が調和した空間です。散していると、死者と生きている人の特な雰囲気が感じられます。人類の文化遺産として優れた普遍的値が認められ、ユネスコ世界遺産に登され、約40基の王陵が保存されています。そのうち、江南に位置するソウル宣陵と靖陵の林道をご紹介いたします。

[都心の中の王陵]

 


新鮮空間


 

同じ空間に異なる空間が共存しています。紅箭門(ホンサルムン)から丁字閣までく神道と人道と呼ばれる道があります。

 この2つの道は高さと幅が異なり、正確に切られています。丁字閣に向かって左側の少し高い道を神聖な精が通る道という意味の神道と呼び、右側の低くい道を人が歩くという意味の人道と呼びます。アスファルト道とは照的な石の道はくのには少し不便に感じるかもしれないが、一確認しながらくため、自然にゆっくりとくようになります。普段の生活の中でいかに時間に追われて忙しく過ごしているのか振り返らせてくれる道です。


[朝鮮王陵祭礼儀式]

 

神秘的林道



王陵に続く林道です。王陵に向かう林道は史的に高貴な値があるため、一般的な林道とは異なります。なぜなら、各王陵に向かって歩いていく間、王陵に対する儀と神聖な心を備えて歩いていくためです。林道をく時にイヤホンを外して歩いてみてください。足音と風、木の間から差し込む日差しを受けながら、自分だけの空間を満喫してみませんか?神秘的な体験ができるでしょう。

林道の出口近くに歴史文化院があります。林道と王陵を鑑賞しながら歩いた後、朝鮮王陵に関する詳細な説明と歴代王の系図が展示されている歴史文化院を見学することをお勧めします。歴代王の系図が一目で理解できるようによく整理されています。

宣陵と靖陵は都心のオフィスビルと調和してユニークな景観を演出しています。そのため、平凡な道に見えたとしても、今日の私たちにとって意味のある道、ヒーリングの道、散歩道という多くの意味をもっています。都心のエンターテイメント的な色とりどりの新しい文化にどっぷりとはまっている自分自身を振り返ることができるステキな遊歩道です

 

[神秘的林道]



観覧情報

310入場時間6:0020:00|観覧時間6:0021:00

111入場時間06:3016:30|観覧時間6:3017:30

2入場時間6:0017:00|観覧時間6001800

 

アクセス

住所:(06153)ソウル市江南宣陵路100キル1

電話:+82-2-568-1291

ファックス:+82-2-568-0773

 

公共交通機

2線盆唐線宣陵10番出口(徒7分)

9線盆唐線宣靖陵3番出口(徒16分)

 


文・写真/2019ソウルストーリーテリング ナム・ジュンリム


Top