컨텐츠 바로가기
HOME > ストーリーフィード

[詩人の路地] ソウル、詩人の路地 を歩く _尹東柱 詩人の星を数える路地

By SeoulStoryMaster 2019-11-15
588


ひとつのまる<える>

<序詞>最初一節であるまで一点じなきことを

非常になじみ詩人尹東柱


詩人尹東柱禧専門学校文科在学中鐘路区楼上洞にある

小説家キム・ソンの下宿生活をし仁王山りインスピレーションをけたという

そのような逸話をもとに鐘路区仁王山裾路地入口てられた

青雲水道加圧場タンクを改造して<尹東柱文学館>てた


 


付岩洞がっていくさい路地入口

してやかではない<尹東柱文学館>っている

<尹東柱文学館>偶然見つかった加圧場てたのには格別理由がある

れに圧力えて力強れるように

加圧場のように尹東柱められたしい刺激たちのれを

しくれるようにしてくれるというメッセージをめたという


文学館って一番最初につくのは田舎井戸んできたような

木材井戸特別説明かなくても<自画像>背景であるとかるが実際尹東柱故郷である明東村から直接運んできたという

また一方には幼年期から大学時代までの原稿写真展示されている

1展示室撮影禁止されておりスマートフォンをいたり写真ることにわれずに

ゆっくり尹東柱世界垣間見ることができる


 


廃棄されたタンクの部分解放痕跡にそのまました

2展示室ぎてタンクを保存して沈黙思索空間変貌げた

3展示室くと詩人人生世界表現した映像観賞することができる

映像観賞した文学館左側にのびた階段ると

詩人へと遊歩道がっている



った草花とそれぞれなる姿せる々のくと

くそびえるビルと建物共存する路地とはまたった魅力じる空間



どの季節でも山中路地入口位置して目立たず

ソウルの魅力しさをすことなくいている尹東柱

える路地季節わってみてはどうか




季節ぎていく

ですっかりれている


はなんの心配もなく

えるようだ


ひとつに

ひとつに

ひとつにしさと

ひとつにれと

ひとつに

ひとつにおさんさん


尹東柱<える>




<尹東柱文学館>

ソウル市鐘路区彰義門路119

~10:0018:00毎週月曜日1/1旧正月/秋夕連休

わせ+82-2-2148-4175






 

/フリーライター リュ・ミンジョン



Top